ニュース

レイコ・グラニング、インディペンデント・フロント・サスペンションの開発に成功

レイコ・グラニングは、独立懸架式フロントサスペンション(IFS)の生産台数が5万台に達したことを発表しました。 同社は1994年以来、モーターホーム、消防車、バス市場向けにIFSモジュールを生産しています。 レイコは、1万ポンドから2万4千ポンドの車軸総重量の範囲で、世界で最も幅広い大型車用IFSを提供しています。

現在出荷されているシステムの大半は、スパルタン・モーターホームのシャーシモデルに搭載されています。K4 605、K3 605、K3 500、およびK2 450です。 これらのモデルはすべて最大58度のホイールカットを備えており、優れた乗り心地とハンドリング性能に見合う優れた操縦性を実現しています。

レイコ社長のジョン・スチュアートは、「カスタムカーに搭載されるIFSモジュールが5万台生産されたことは、大きな節目となります」と述べています。 「私たちは、お客様にソリューションを提供してきた当社の伝統を誇りに思います。私たちは、サスペンション技術に焦点を当てた100%です。"

プレスリリース全文

検索

今後のイベント

今後のイベント

コンテンツへ移動