News

ジョン・ヒンツがエンジニアリング担当副社長に昇進

Reyco Granning | November 12, 2018 |

バーノン山– ジョン・ヒンツをジョン・スチュアートに報告するエンジニアリング担当副社長への昇進を発表できることを嬉しく思います。

この役割では、ジョンはバーノン山とラファイエットの両方で新製品開発、製品検証、コスト削減、フィールドサービスリソースを直接彼に報告すると同時に、ラファイエットの当社の施設で日々の業務を維持します。

ジョンは1998年7月にレイコ・グラニングに入社し、2011年1月にフルイドライブのグランニング・エア・サスペンション/部門のシニア・プロジェクト・エンジニアとして入社し、2011年1月にチーフ・エンジニアに任命され、当社の動力車部門とトレーラー部門を運営しました。

John は、レイコ・グラニングとその顧客を将来に導く新しい改良されたテクノロジーに関する戦略的優位性を維持しながら、当社の新しい成長分野を特定する能力を得意としています。 私たちは、彼がこの拡大された役割で成功することを非常に確信しています。 彼は後ろの組織を全面的に支持している。

フルリリース